プロパンガス

PR:株式会社じげん

主なLPガス会社一覧

三菱液化瓦斯株式会社、出光ガスアンドライフ、および三菱商事株式会社LPGユニットの3社が統合して設立された業界トップ企業。アストモスリテイリングが小売りを行う他、特約店もある。

2017年に伊藤忠エネクス株式会社と大阪ガス株式会社の合弁企業として誕生。関東・中部・関西それぞれにグループ会社があり、広域でLPガスと電気の販売を行っている。

LPガス(プロパンガス)の輸入・元売企業。LPガスの小売りに関しては、関連会社のENEOSグローブエナジーが行っている。

ジクシス株式会社は、昭和シェル石油株式会社、住友商事株式会社、東燃ゼネラル石油株式会社のLPガスの元売事業を統合して作られた会社。LPガスの輸入、貯蔵製造、売買を行う。

1953年よりLPガスの全国販売を開始し、現在310万世帯に顧客を持つプロパンガスの老舗、岩谷産業。小売りはMaruiGasを販売する全国のLPガス特約店「全国マルヰ会(1700社)」およびその他の販売店が行う。

業界の大手企業であり、東京電力と提携してエネルギーの自由化を牽引している。

静岡市に本社を置き、東海エリアを中心にプロパンガス(LPガス)を供給している。電気の販売も行う。

LPガス(プロパンガス)会社と一言でいっても、その種類は「元売」「卸売」「小売」の3つに分けられます。「元売」を行う業者は、ガスの輸入から生産を担っています。「卸売」業者は、小売り会社へLPガスの販売を行います。そして3つ目が「小売」業者(LPガス販売店)となります。一般家庭や店舗がLPガスを契約する場合は、小売りを行う地域のLPガス販売店に連絡をとる必要があります。LPガスの場合は、電力会社や都市ガス会社のように、どの会社に連絡をとっても、すぐに一般家庭への供給(小売り)を行ってくれるわけではないのです。

以下の一覧では、大手のLPガス会社を掲載しています。LPガスの販売価格は、各地域、そして契約をする販売店によって多く異なります。LPガス(プロパンガス)の切り替え引越し等で新規契約が必要な場合は、複数のLPガス料金をよく比較して、選ぶことがとても大切です。

日本のLPガス(プロパンガス)市場

日本におけるLPガス利用

LPガス(プロパンガス)が日本の一般家庭で使われるようになったのは1950年代のはじめです。その当時、燃料として普及していた薪や炭などの代わりとして使われるようになり、徐々に全国へと普及しました。

今日では、オール電化都市ガス世帯の増加により、プロパンガス(LPガス)の需要は縮小しています。2006年度に約1806万トンあった国内需要は、2016年度には約1415万トンにまで減少しました。

それでもやはり、プロパンガスは災害時に強く、日本全国どこでも供給可能、という強みを持っており、私たちの暮らしに欠かせないエネルギーであることには変わりありません。今日もLPガスは日本のおよそ40%の世帯で利用されています。

日本のLPガス会社

LPガス容器

LPガス(プロパンガス)会社には「元売」「卸売」「小売」の3種類の仕事があります。元売だけ、卸売だけ、小売だけに特化している会社もあれば、元売から小売までを一貫して行っている会社もあります。

LPガスの需要減少に伴い、プロパンガス会社の数も減少しつつあります。しかしそれでも、12の元売業者、約1,000の卸売業者、そして約20,000の小売業者が存在しています。

各都道府県のプロパンガス小売販売店

日本全国において、プロパンガスの小売を行う会社はおよそ2万社あります。

元売から小売まで行うような大規模な会社もあれば、地域の酒屋さん・米屋さんがプロパンガスの販売も兼ねている小さな会社まであり、そのタイプは様々です。

各都道府県のプロパンガス小売販売店をテーマ別にまとめたリストはこちらからご覧いただけます。

プロパンガス料金について

電気や都市ガスが少し前まで規制料金だったこともあって、プロパンガスにも料金に関する決まりがあると思っている方が多いようですが、プロパンガスは自由料金制です。つまり、それぞれのガス会社が、仕入れから供給までにかかるコスト、そして利益を考慮したうえで自由に決定しています。そのため、プロパンガスの料金は販売店によって異なります。

安い料金のプロパンガス会社を見つけるには?

店ごとに料金が違うため、安いプロパンガス会社と契約したいと思ったら、複数の店舗の料金を比較する必要があります。平均料金を見て、地域の相場を確認しておくことも大切です。

お住まいの地域で供給を行っているプロパンガス会社を探して、料金を調べてみましょう。料金はそれぞれの会社のホームページ上にて、もしくは、販売店から見積もりをもらうことで確認します。

また、一括見積りサービスを使えば、お住まいの地域にある複数のプロパンガス会社の料金を簡単に調べることができます。

「enepi」を使ってガス代を安く!

enepiならお住まいの地域の優良業者から、見積もりを一括で取ることができ、一覧で比較できます。

「enepi」60秒でできるし、無料!
簡単4ステップで誰でも簡単に相見積もりができるので「パソコン操作は苦手…」という方でも心配いりません!

そして、希望の優良業者を選んだあとは、
契約中の業者の解約から、新しい業者との新規契約手続きまで、面倒な作業は全部enepiに丸投げしてOK!

自分で手続きを進めると、解約時に「違約金」を請求されたり、ガス料金が安くなると言われて新規契約した業者に、「契約後に値上げ」されたりするなど、トラブルが起こりやすいみたいです。

その点、enepiは、丸投げしてしまえば一切手間がかからないですし、解約から新規契約の手続きまで責任をもって代行してくれる、まさに至れり尽くせりのサービスなんです!

ちなみに、enepiを運営している会社は、「東証一部上場の大企業」ですし、厳しい審査をクリアした優良業者だけが加盟できるサービスということなので、安心して使えました。

複数の業者から電話がかかってくることはないですし、強引な勧誘も一切ありません。

もちろん、今すぐ切り替えるつもりがなくても、「相場を知っておきたい」「どのくらい料金が変わるのか気になる」という方でもOK!

無料でリスクもないなら、使わない理由はないですよね!

↓簡単60秒で入力完了↓

↑無理な勧誘はないのでご安心を↑

追記:試さないのはもったいない!

ここだけの話、業者側は勝手に値上げをします。
「値上げをする際は書面の説明のみでOK」とされているので、気づかないうちに値上げされてる!なんてことも…。

毎月余計なガス代を払い続けるのは本当にもったいないです。

今すぐ切り替えないにしても、業者によってどのくらい料金が違うのか、この機会に一度比較してみてはいかがでしょうか?

↓完全無料&リスクもゼロ↓

↑比較検討するだけでもOK↑

 

会社概要プライバシーポリシー